記憶喪失 一人 忘れる

記憶喪失で一人だけ忘れるのか

スポンサーリンク

記憶喪失において一人だけを忘れることがあると言われています。実際にそのようなことがあるのでしょうか。例えば、忘れるはずの無い人のことを忘れるということです。これについて紹介します。

 

【解離性記憶障害】
一部分の記憶がなくなるという類の記憶障害は、解離性障害と呼ばれています。この診断の際には、記憶が無いというのが重要な要素です。一部分の記憶がまったく無い、あるいは記憶の全てがなくなるというケースもあるのです。

 

【特徴】
乖離の人の記憶喪失というのは、一人だけ忘れるというケースが十分に起こりうるものです。それこそ、友達や彼氏などの特定の人物の中の一人だけを忘れるという記憶喪失になる場合があるのです。

スポンサーリンク

【何も分からなくなる】
この解離性障害での記憶喪失では、生活の一般的なことについては覚えているのですが、部分的な記憶がすっぽりと抜け落ちてしまうことがあるのです。極端なところでは、自分のことについて全て分からなくなる可能性すらあるのです。なぜここにいるのか、なぜ暴れているのか、なぜ泣いているのか、悩みの相談をしたくても内容を覚えていないといったところがあります。一人だけ忘れるという症状も無理はありません。こうしたことが実際に起こりえるわけですから、記憶喪失には注意が必要です。

 

一人だけ忘れるというのは、病気の場合は仕方が無いかもしれませんが、精神的なストレスなどが原因であれば十分に回避は可能なものです。特にストレス解消に関してはしっかりと行うことを心がけるようにしたいものです。

スポンサーリンク