記憶喪失 病名

記憶喪失の病名について

スポンサーリンク

記憶喪失病名というのはあるのでしょうか。記憶喪失というのは良く聞く話ではありますが、これには他に病名というのはあるのかということについて紹介します。

 

【全生活史健忘】
これは、自分の過去を全て忘れてしまった状態のことをいいます。多くのストレスがかかった状態になると起こるのです。これは言ってみれば自殺と似たような行為であって、だからこそ全てを忘れてしまうのです。

 

【思い出させるのは危険】
自殺に等しい行為というところがあって、中身を無理に思い出させてしまうことによって、本人が自殺してしまう可能性があるのです。ですから、治療は慎重になる必要があるのです。

スポンサーリンク

【その他の記憶喪失病名】
これ以外の記憶喪失病名については、自分にとって都合の悪い部分、そして辛い部分だけを忘れると言う、解離性健忘があります。ですが、脳の腫瘍が原因というケースもありますし、外傷によるものの可能性もあります。もしも脳の腫瘍が原因であれば、原因を取り除く必要性がありますし、場合によっては治るまでに時間がかかる可能性がありますから十分に注意が必要となります。症状によっては戻ったり記憶を失ったりの連続になるケースもありますから、これにも注意が必要です。

 

記憶喪失病名といったら、こういったものがあります。実際には病院での治療が必要となるケースが多いです。もしも何かしらおかしいと思ったら、すぐに病院に行って医師に話を聞くことがとても大事になります。

スポンサーリンク