一時的に記憶がない 理由 一過性健忘症

一時的に記憶がない理由と一過性全健忘

スポンサーリンク

記憶は常に鮮明にあるものではありません。昔の記憶は思い出せなくなってきますし、昨晩の夕食なども思い出せないケースも少なくありません。しかし、世の中には一時的に記憶がないという不可思議な経験をする方もいらっしゃいます。

 

【一時的に記憶がない理由として疑う病気】
突然、全ての記憶がない状況になる経験をされる方がいらっしゃいます。一時的に記憶がない症状の理由として考えられるのは、一過性全健忘という病気で、一過性全健忘になってしまうと、数時間前からの記憶が無くなってしまいます。一時的に記憶がないだけで、最大でも24時間以内に、一時的に記憶がない状況が改善され、記憶が蘇ってきます。

スポンサーリンク

【一過性全健忘を疑う理由】
一過性全健忘は、自分が何をしているかわからなくなる病気です。同じような質問を何度もしたり、電車に乗っていて目的地を忘れてしまって降りる駅を忘れてしまうなどの症状が発生します。色々な病気がありますが、一時的に記憶がないという症状は一過性全健忘の症状ですので、疑う理由になっております。最大で24時間程度になっておりますが、大体1時間から8時間程度で記憶が回復します。

 

一時的に記憶がない豹帯になったら本当に焦ってしまうと思いますし、記憶のない理由を解明したいと思います。一過性全健忘以外にも理由になる病気は複数あります。中には命に係わる理由などもありますので、早目に病院へ行き、原因をはっきりとさせるように心がけてください。

スポンサーリンク