てんかん 記憶障害 原因

てんかんによる記憶障害とその原因とは

スポンサーリンク

高齢化が久しくなった現在では、高齢者のてんかんなどによって、色々な事件や事故が起こっております。一般的なてんかんと違って、高齢者のは複雑部分発作が多いという特徴があり、代表的な症状の痙攣などがないなど初期段階での認識が難しかったり、記憶障害を初めとする症状が現れるケースがあります。

 

【側頭葉てんかん】
こちらの病気の厄介な所は、発症した人の自覚症状がない部分が多いという事です。過去に経験した事がない事でも経験した事があるような記憶障害が起こったり、フラッシュバックのような記憶障害の症状がおこり、恐怖感などが常に隣り合わせにあるような状況です。記憶障害の他にも言語障害などになる可能性があり、ます。

スポンサーリンク

【てんかんの原因】
原因は様々ありますが、小さい頃に発症した場合の原因は、もともと生まれながらに脳に障害がみられる事が原因であったり、出産時のトラブルが原因、髄膜炎や脳症などが原因の事があります。大きくなってからは、頭を強打したり、血管障害、腫瘍などが原因だと言われています。

 

【高齢者とてんかん】
高齢者の方でも発症してしまいます。特に数時間前、数日前の事が思い出しにくい短期記憶の部分の記憶障害が起こる事があります。中には性格変化もある場合もあります。

 

転換による記憶障害などは、現在、解明されていない事も多いのですが、治療方法は徐々に確立されつつありますので、記憶障害を自覚したら、なるべく早く病院へ行くようにしてください。

スポンサーリンク