ショック 記憶がなくなる 理由

ショックなことは記憶がなくなる理由になるのか

スポンサーリンク

ショックなことが起こると記憶がなくなると言います。ですが、これは本当にあり得る話しなのかということですが、実はこれは本当にある話だと言うことです。このショックなことで記憶がなくなることの理由について紹介します。

 

【ショックなことで記憶がなくなる理由】
記憶喪失になる理由は、大きく分けて外的ショックと内的ショックに分けられます。外的ショックは交通事故などであり、内的ショックは精神的なものとなります。

 

【多いケースとしては】
ショックなこと記憶がなくなることの多いケースとしては、精神的なものが多いと思われます。死別や失恋、職場のストレスなど、挙げだせば数え切れないほどのストレスがあります。そして、その記憶は忘れたいと思うことが多いのです。衝撃的な出来事によって記憶をなくしてしまう可能性は必ずしも0ではないと言うことです。

スポンサーリンク

【一種の防衛線】 このように、ショックなことによって記憶がなくなるというのは、理由としては一種の防衛線だと言えます。それを覚えていることによって、自分の自我や精神を保つことが出来ないのであれば、それは大きな問題になってしまうでしょう。そういう意味で記憶をなくすというのは人間にとっては大事な行為なのかもしれません。

 

全部覚えていると言っても、実は全部を覚えきれていないという人は多いでしょう。実際、人の記憶というのはそのくらいあいまいなもので、理由としては何かしらのショックによって忘れてしまうものなのです。

スポンサーリンク