記憶喪失 なりたい理由

記憶喪失になりたい理由とは何があるか

スポンサーリンク

記憶喪失になりたいという人はいるでしょうか。実際に記憶喪失になりたいということで、記憶をなくしている人は見たことがないのですが、果たしてその理由はいかなるものなのでしょうか。

 

【精神的ストレスによるもの】 記憶喪失になりたいという人は、理由としては精神的なストレスにさらされている可能性があります。自分にとってのいやなことをそらすことを目的として、記憶喪失になりたいと思ってしまうわけです。嫌なことが自分の記憶から消えれば、現実逃避が出来るからです。 【外的ストレスを受ける】 外的なストレスを受けていることもまた、記憶喪失になりたいと思う人の特徴かもしれません。何の理由であっても、耐え難いストレスを受けていることは大きな問題になりかねません。現実的にそれで自殺を選んでいる人もいるわけです。それならばいっそのことその記憶そのものを消し去りたいという気持ちにもなるのです。

スポンサーリンク

【なりたいかどうか】 これは難しいところで、理由によっては記憶喪失になった方が良いという人もいますし、そうでないという人もいます。ただ、記憶喪失になりたいと思ってわざとストレスを受けるという行為は反対に苦しい思いをすることになるため、避けた方が良いでしょう。また、記憶喪失になったとしても、戻ったときにリスクを発生させることがあるため注意が必要となります。

 

記憶喪失になりたいと思っている人は恐らく少ないです。ですが、現実的に見たときに何らかの理由によってそうなる人が多いというのもまた事実だと言えます。

スポンサーリンク