記憶喪失 原因 ストレス

記憶喪失の原因はストレスである

スポンサーリンク

記憶喪失の原因はストレスだと言われることがあります。これは実際に起こる可能性があるものですが、どういうメカニズムで発生するのでしょうか。

 

【耐え難いストレスに対する記憶喪失】 例えば、人間は何かしらストレスを感じている生き物ですが、耐え難いレベルのストレスを感じた場合、その原因になる出来事そのものの記憶を消去してしまうのです。要するに、忘却によって自我を保つと言うものです。 【どのようなケース?】 例えば、周りにDVを受けた場合、虐待を受けた場合などで命の危険を感じたときに忘れるケースがあります。このパターンの場合だと、記憶が戻った場合に精神的に崩壊する可能性があり危険です。ですから、記憶を戻すことは極力避ける必要があります。

スポンサーリンク

【海馬が縮む】
ストレスによって脳の中にある海馬と呼ばれる部分が縮む可能性があるのです。人間はストレスを感じると、コルチゾールというホルモンが分泌されるのですが、これによって海馬が収縮指定しまうのです。海馬は記憶をつかさどる部分ですから、ここが収縮すると記憶がなくなるわけです。

 

【治療について】
こうした症状の治療に関しては、精神科や心療内科などで行うのが良いです。心の中から治療を行う必要があるのです。

 

記憶喪失の原因は、ストレスが大きな要因を占めていることが判明しています。ただ、よほどのものがなければ記憶喪失の原因にはなりえないです。それでも記憶喪失の原因を消すためにも日々の発散は十分に行いましょう。

スポンサーリンク