一過性健忘症 対応 種類

一過性健忘症の対応と種類

スポンサーリンク

一過性健忘症とは、一時的に記憶に対して障害が出ると言うものです。この病気に対しては、どのような対応があって、どのような種類になるのでしょうか。これについて紹介をします。

 

【どんな病気?】 まず、一過性健忘症というのは、種類としては一時的な記憶が障害されるものであって、24時間以内に回復するのが特徴的です。記憶を失っている間でも行動が可能ですが、その間の記憶が無いことも大きな特徴だと言えるのです。 【原因について】 この原因ははっきりしていないのですが、脳の海馬という部分が一時的に損傷してしまうことによって起こると言われているのです。そして、心因性のストレスが原因だとも言われているのです。再発に関してですが、これはほとんど可能性は無いといっても良いものです。

スポンサーリンク

【対応について】
一過性健忘症については、種類としては一過性全健忘と呼ばれるものもあります。脳外科での検査をして、他に脳の病気がなければそのように診断されるのです。種類的に一時的に記憶がなくなるものですが、すぐに症状がよくなるため、対応は経過観察になることが多いです。他の薬を飲んだり、治療をするといった対応はありません。ただ、病院での検査をしてもらう必要はあるでしょう。対応次第で他の病気が判明する可能性がありますから、こまめに診断をしてもらうことが大切です。

 

一過性健忘症の種類と対応について紹介しましたが、原則としては特に何も意識する必要はないけども、念のために一過性健忘症の検査を受けることだけは忘れないようにすることが大事となります。

スポンサーリンク