一過性健忘症 種類

一過性健忘症とはどのような種類があるか

スポンサーリンク

一過性健忘症とは、今あったばかりのことを忘れてしまうという種類の健忘症です。健忘症にはいろんな種類があるのですが、この一過性健忘症とはどのようなことが原因で起こるのでしょうか。

 

【一過性健忘症の特徴】
一過性健忘症とは、健忘症のひとつの種類ですが、これは何の前触れもなく、短期間の記憶の消失が起こるのですが、数時間で回復するものですが。発作中でも意識ははっきりしており、日常の動作も何不自由なくこなせるのですが、周りのことが理解できません。そして、発作中の記憶はなくなります。

 

【昔のことは分かる】
言われたことを含めて全てを一時的に忘れてしまうものであり、それは24時間以内に戻るものですから、一過性と呼ばれているのです。長期的な記憶に対しては障害は起こらず、手足に麻痺が出るようなこともありません。繰り返し起こる人の割合は少ないとされています。

スポンサーリンク

【一過性健忘症の原因】 健忘症のひとつの種類と言われているのが一過性健忘症名のですが、この一過性健忘症とは、海馬に血流障害が起こることが原因だと言われています。例えば、脳卒中だったりてんかん、精神的なショックや頭への外傷などが理由だと言われているのです。これによって血流が悪くなって症状が出てしまうというのです。

 

一過性健忘症とは健忘症の1つの種類なわけですが、特に後遺症もなくて、すぐに良くなるということですから、特別な治療が行われることはありません。ただ、受診はしておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク