記憶喪失 種類

記憶喪失の種類について

スポンサーリンク

記憶喪失と言ったら、映画やドラマなどが思い出されることでしょう。精神的なショックと共に記憶をなくしてしまうこともあるでしょう。この記憶喪失の原因と種類について紹介します。

 

【記憶喪失の種類】 この種類ですが、これには慢性と一過性とがあります。種類の分類としては、1ヶ月以内のものであれば一過性、そして1ヶ月以上継続しているものであれば慢性と呼びます。 【症状の種類について】 記憶喪失になったと言っても、その症状の種類は1個ではありません。1部の記憶がなくなるようなものもありますし、昔のことは分かるけども今のことは分からないもの、新しい記憶ができないもの、一部の記憶が思い出せないものといったような感じとなります。そのときに受けたショック、原因など、そして種類によっても症状が違ってきます。

スポンサーリンク

【記憶喪失の原因、症状について】
記憶喪失には原因があって、例えば、脳の障害や外的なショックによるものの場合があります。この場合は記憶をするための部分が損傷しているため、時間がかかる、記憶がなくなるというケースがあります。また、脳梗塞で血管が詰まっているような場合でも記憶喪失になる可能性があるのです。こうしたいろんな原因があるのです。

 

いろんなことによって、この病気は起こる可能性があることを知っておきましょう。そして、人それぞれによって治療が出来るかどうか、治るかどうかの期待値は変わってくるため一概に治るとは言いがたいところもあるのです。

スポンサーリンク