一過性健忘症 原因 対策

一過性健忘症の原因と対策について

スポンサーリンク

一過性健忘症というものがあります。この病気はいったいどのようなものなのかということ、そして原因はいったい何なのか、そして対策にはどのようなものがあるのかということについて紹介します。

 

【一過性健忘症とは】
この病気は、何を自分が1日していたのかが思い出せないという病気です。仕事は完璧にしているのに記憶が無い状態というところが特徴的です。思い出すための対策も特にないのです。

 

【症状について】
急に1時間から8時間程度の記憶がなくなることがあります。40から80歳くらいの人がターゲットであり、自分や家族の名前を覚えていても、行き先を忘れることがあるのです。そして、記憶以外の脳機能障害はありません。発作中の記憶は覚えていません。

スポンサーリンク

【原因について】
一過性健忘症の原因ですが、これは心理的なストレス、そして激しい運動、更には大動脈乖離といったものが原因となります。これらの要因によって、脳の中にある海馬と呼ばれる部分に異常が起こると言うところがあるのです。

 

【認知症とは違うもの?】
一過性健忘症については、認知症とは別物だと言う見解があります。この症状は再発する可能性が少ないこともありますし、ここから認知症になるということもまれであると言うことです。ですから、対策は特に必要ありません。

 

一過性健忘症の原因はこのような感じですが、対策と治療的には経過観察を行うなど、特別なことは不要と言うことです。要するに特別な心配が要らないと言うことなのですが、似たような症状のものもあるため、原因の特定と対策はした方が良いということです。

スポンサーリンク