一過性健忘症 原因

一過性健忘症の原因について

スポンサーリンク

一過性健忘症というものがありますが、これは1日の出来事、数時間前の仕事の内容が思い出せなくなるというものです。この一過性健忘症にはどのような原因があるのでしょうか。

 

【一時的な記憶障害】
この病気は中年以降の人に発症するケースが多い病気です。通常の発作であれば4時間から5時間程度で治るのですが、同じ質問を繰り返すことがあり、それによって発覚するケースがあるのです。

 

【症状について】
数時間前に何をしていたのかを思い出せないようなものであり、自分の名前や住所を忘れてしまうようなものとはまた違ったものとなります。そして、数時間前のことは分かるのですが、昔のことを思い出すことは出来るという特徴もあるのです。

スポンサーリンク

【原因について】
一過性健忘症の原因は定かではないとされているのですが、一過性健忘症は、過労やストレスなどがきっかけになるケースがあるとされているのです。それによって、記憶に関係する脳内の海馬に血流障害起こることで発症すると言われているのです。

 

【回復について】
一過性健忘症は、何もしなくても回復するケースがありますから、診察を受ける必要が無いとは言われていますが、心配であれば原因を知ることも忘れないように心がけたいところです。

 

健康そのものに影響は無いのですが、自分が何をしていたのかを忘れてしまうというのは少し悲しいものです。どうしても心配で治療をしたいと思うのならば、一度病院にいって相談をして原因を調べてみるのも良いかと思われます。

スポンサーリンク